特定事業用資産の特例

特定事業用資産の特例の一例

特定事業用資産の特例とは、相続又は遺贈により、一定の取引相場のない株式等を取得した場合には、ある要件の下、その株式にかかる相続税を、、株式価額の10億円を上限として相続税の課税価格を10%減額することが認められている制度のことです。


無料相談受付中 0120-068-775 受付時間:平日9:00〜20:00(土日祝は要予約)JR川崎駅西口徒歩5分! 地元密着 無料相談について詳しくはこちら