配偶者の税額軽減

配偶者の税額軽減とは、被相続人の配偶者が相続や遺贈によって財産を取得した場合、財産の価格が「配偶者の法定相続分以下」または、「1億6000万円以下」である場合には、配偶者には相続税はかからない、という法律です。

※配偶者の税額軽減を受けるためには、下記の要件があります。

①配偶者の税額軽減を受けるためには、相続税がかからなかったとしても、申告が必要となります。

②相続税の申告期限までに分割が確定していない財産については、この軽減を受けることはできず、いったん軽減を受けずに相続税を納める必要があります。


無料相談受付中 0120-068-775 受付時間:平日9:00〜20:00(土日祝は要予約)JR川崎駅西口徒歩5分! 地元密着 無料相談について詳しくはこちら