遺留分について(2)

今回のコラムでは,「遺留分減殺請求」について記載してみたいと思います。

遺留分の制度は,遺留分を侵害された場合に,その遺留分を取り戻すことができる,という制度です。

遺留分を侵害された本人が,財産を受け取った人に対して,「遺留分を返してください」と意思表示をしないと,遺留分を放棄したものとみなされてしまいます。

前回のコラムでいうと,妻と二人の子それぞれが,亡き夫の愛人に対して,それぞれ「財産を返してください。」と主張しなければいけないわけです。

このように,遺留分を侵害された本人が,「遺留分を返してください」と主張することを「遺留分減殺請求」といいます。

遺留分の減殺請求の手段は,書面でも口頭でも構わないとされていますが,内容証明郵便で行われることが一般的です。

遺留分の減殺請求権は,相続の開始あるいは遺留分の侵害を知ったときから1年間で消滅します。


無料相談受付中 0120-068-775 受付時間:平日9:00〜20:00(土日祝は要予約)JR川崎駅西口徒歩5分! 地元密着 無料相談について詳しくはこちら