遺留分について

今回のコラムでは,「遺留分」について記載してみたいと思います。

被相続人は,遺言によって自らの財産を自由に処分することができる,というのが原則です。

しかし,自由に処分できるということは,被相続人以外の第三者に全財産を与えることができるということです。相続人が被相続人に生前扶養されているとしたら,生活に困ってしまいます。

このような事情を考慮して,民法では相続財産のうち,一定の割合について遺族に残すようにと定めています。これを「遺留分制度」といいます。

遺留分の割合は以下の通りです。

①直系尊属(父母)のみが相続人の場合 ・・・ 被相続人の財産の1/3 ②上記①以外の場合・・・ 被相続人の財産の1/2

例えば,被相続人が遺言で「自分の財産1億円は全て愛人に」と残したとします。残されたのが,妻と子供二人であれば,遺留分は次のように計算されます。

遺産額1億円のうち,

妻には,1億円×1/2×1/2 = 2,500万円 子供にはそれぞれ,1億円×1/2×1/4(1/2×1/2,子供二人のため) =1,250万円

愛人に対して,妻は2,500万円,子供たちはそれぞれ1,250万円を愛人に対して遺留分を請求できます。これを「遺留分減殺請求」といいます。


無料相談受付中 0120-068-775 受付時間:平日9:00〜20:00(土日祝は要予約)JR川崎駅西口徒歩5分! 地元密着 無料相談について詳しくはこちら