相続の優先順位について

今回のコラムでは,「相続の優先順位」について記載してみたいと思います

前回のコラムで,「民法では相続人の範囲を相続人の子供や孫・ひ孫(直系卑属),父母・祖父母(直系尊属),そして兄弟姉妹に限定しています。」とご紹介いたしました。

民法で,法定相続人と認められていても,相続人の全てが遺産を取得できるわけではありません。民法では,相続の優先順位も定めているからです。

まず大前提として,配偶者はどのような場合であっても相続人となります。
相続順位の第1順位が子供,第2順位が父母,第3順位が兄弟姉妹となります。

血族の中により順位の高い人がいる場合,他の人は相続人となることはできません。
相続人の中に第1順位の子供がいる場合,第2順位の父母や,第3順位の兄弟姉妹は相続人になれないわけです。
父母は,被相続人に子供がいない場合,兄弟姉妹は,被相続人に子供も父母・祖父母もいない場合に,初めて相続人となることができます。

では,被相続人の子供が,被相続人の死亡日前にすでに亡くなっていたらどうでしょうか?この場合,「代襲相続」という考え方が出てきます。

子供が既に亡くなっていた場合,その子供は相続権を失うわけですが,相続権を失った子供に子や孫がいれば,その子が相続権を引き継ぎ,その子がいなければその孫が第1順位に属する直系卑属として,相続権を引き継ぐことになります。これを,「代襲相続」といいます。この場合,父母や兄弟姉妹に相続権はありません。

これは,父母にも当てはまります。被相続人の死亡日前に両親が亡くなっていても,祖父母や曾祖父母が生きていれば,祖父母が相続権を引き継ぎ,祖父母がいなければ曾祖父母が直系尊属として相続権を引き継ぎます。この場合,兄弟姉妹に相続権はありません。

兄弟姉妹の場合も,被相続人の死亡日前に兄弟姉妹が全員亡くなっていたら,その子供(甥や姪)に相続権が引き継がれますが,代襲は甥・姪までで打ち切られます。

相続コラムバックナンバー


無料相談受付中 0120-068-775 受付時間:平日9:00〜20:00(土日祝は要予約)JR川崎駅西口徒歩5分! 地元密着 無料相談について詳しくはこちら