相続税の節税対策(7)

生前贈与は遺贈か養子縁組か、もっとも節税対策として効果的

節税は実際に計算して金額を確認したほうが実証的です。
課税される相続財産が3億円で、相続人が配偶者・子供(成人)2人・養子1人、更に養子を1人と仮定して相続税と贈与税を比較検討してみましょう。

1.相続税の計算

相続財産(明細省略)        300,000千円
基礎控除                 90,000千円 ※1
相続税                   20,000千円 ※2
 
※1は50,000千円+10,000千円×4人=90,000千円
※2は配偶者が1/2相続し、養子の20%加算はないものとする。

2.養子の1人増加分の税金

相続財産を1/10(30,000千円)相続したとすれば相続税は4、000千円
で20%の加算をした場合の相続税合計は4,800千円となります。

3.贈与財産30、000千円の税金計算

贈与財産30、000千円の税金計算は、
30,000千円ー基礎控除1,100千円=28,900千円×0.5-2,500千円=11,950千円となります。

4.相続税と贈与税の比較

相続税4,800千円、贈与税11,950千円差額71950千円の相続税が低額となります。

5.相続税法と民法

養子は実子がいれば1人、実子がいなければ2人と税法では基礎控除の適用を決めていますが、民法では数の制限がありません。

巷では、1人または2人とそれ以上の養子は認めていないと錯覚されていますが、基礎控除と税率の問題だけです。

相続税の申告後、どのようにして子供たちにあるいは孫たちに財産を分けようか苦労されていますが、思い切って養子にしてあるいは遺言で財産分けをしたらいかがでしょうか。

6.20%加算

相続税では配偶者・一親等の血族(その者の代襲相続人を含む)以外の者が相続した場合は、相続税に20%相当額を加算します。

相続コラムバックナンバー


無料相談受付中 0120-068-775 受付時間:平日9:00〜20:00(土日祝は要予約)JR川崎駅西口徒歩5分! 地元密着 無料相談について詳しくはこちら