相続税の節税対策(2)

相続税を計算してみよう

前回は相続財産及び債務について述べましたが,今回は具体的に金額を想定しながら自分の相続税を計算しその対策を検討して行きましょう。
相続人は配偶者・子供2人(成人)です。
計算を簡略するために財産明細を省略しました。

相続財産 : 3億2千万円
相続債務 : 2千万円
取得財産 : 3億円(3億2千万円ー2千万円)
基礎控除 : 8千万円(5千万円+1千万円×法定相続人3人)
課税相続財産 : 2億2千万円

相続税の計算

配偶者2億2千万円×0.5=1億1千万円×税率0.4-控除額1千7百万円=2千7百万円
子供2億2千万円×0.25=5千5百万円×税率0.3-控除額7百万円=9百50万千円
子供2億2千万円×0.25=5千5百万円×税率0.3-控除額7百万円=9百50万千円
相続税額2千7百万円+9百50万円+9百50万円=4千6百万円

この4千6百万円を取得財産に応じて負担することになります。

配偶者が1億5千万円の財産を相続すると,配偶者の相続税は0円子供2人が2千3百万円の相続税を負担することになります。
税金が納付できれば問題がないでしょうが納付できないとすれば不動産の 売却・延納・物納・借入と資金対策を考える必要がでてきます。
また,配偶者の相続対策も考慮しなければなりません。更に,生前贈与として誰にいくら何を贈与すればよいのか,生前贈与する金額は基礎控除の110万円でよいのか,これらはすべて相続税の金額が計算されてはじめてわかるものです。
毎年次期を決めて財産目録を作成しておけば,あとは金額の変更を記載するだけでよいことになります。

ぜひ目録の作成を。

相続コラムバックナンバー


無料相談受付中 0120-068-775 受付時間:平日9:00〜20:00(土日祝は要予約)JR川崎駅西口徒歩5分! 地元密着 無料相談について詳しくはこちら