配偶者の相続税額軽減の適用を受けるのが適切か

大里コラムVOL.3~配偶者の相続税額軽減の適用を受けるのが適切か~

1億6,000万円の遺産額で法定相続人が配偶者と子供(成人)と仮定した場合の相続税額を検討してみるとします。

① 民法の法定相続通りに遺産を分割した場合、配偶者は8,000万円の相続財産、子供も8,000万円の相続財産をそれぞれ取得したことになります。配偶者の相続税は0、子供の相続税は600万円となるいうことです。

②ところで、配偶者が1億6,000万円全額相続しても配偶者の相続税は相続税の額の軽減措置を受けるから0となる。相続税は0となるから今回の相続対策としては配偶者が1億6,000万円相続することがベターと言えるでしょう。

③しかし、はたしてこれがベストと言うとそうとは言い切れません。第2次相続(配偶者の死亡)の時の相続税のことを考えると配偶者が1億6,000万円相続するとなると相続税額は2,300万円となり最悪の結果となってしまします。(計算例参照)

④第2次相続を考慮してトータルで相続税を検討すると計算例の通り、第1次相続では配偶者が6,000万相続するのがベストの相続対策となると言えるでしょう。

※現行の税制が継続されると仮定

相続コラムバックナンバー


無料相談受付中 0120-068-775 受付時間:平日9:00〜20:00(土日祝は要予約)JR川崎駅西口徒歩5分! 地元密着 無料相談について詳しくはこちら