相続相談事例

川崎西口相続遺言相談室では、これまでに沢山の相続相談を受けてまいりました。
このページでは、頂いた質問の一部をご紹介いたします。

相続相談事例①

川崎市在住 O様

Q..母が他界し、相続の申告をしなければいけないのですが、申告期限まで2週間しかありません。
どうしたらよろしいでしょうか?

A.当社にお電話で相談を頂き、面談でヒアリングをしたところ、依頼者のお母様が無くなって、相続人にあたる娘二人、が2分の1ずつ相続し、あとは申告をしなければいけないからお願いをしたいというご依頼でした。

登記簿謄本や残高証明、印鑑証明等の必要書類がが事前に揃っていたことと、不動産を売却されたので、財産が現預金がほとんどということでしたので、当事務所の申告サポートをご利用いただき、無事、期限内に申告を終えることが出来ました。

相続相談事例②

川崎市鶴見区在住 S様

Q.最近親族が亡くなったのですが、初めての相続なので何から手をつけたら良いかわかりません。
相続財産の額によっては相続税申告が必要と聞いたのですが・・

A.当事務所にお越しいただき、ヒアリングをしながら財産額を計算をしたところ、4,400万円以下でしたので、相続税の申告は不要という結論に至りました。依頼者の方も納得し、安心されていました。

相続相談事例③

川崎市在住 A様

Q.実家の母親が亡くなりました。相続が発生すると思うので、税理士にいくらくらい掛かるのか知りたいです。

A.当事務所にお越しいただき、実家のお母様に関して詳しくお聞きしたところ、幼稚園を運営されており、不動産関係も実家の大分県にあるとのことでした。相続税額を計算したところ、申告が必要な可能性が高いこと、不動産関係の財産が大分県にあるとのことでしたので、当事務所がサポートした時と地元(大分県)の税理士様にお願いしたときだと、どうしても地元の税理士様にお願いしていただいた時の方が安くサポートしていただけそうでしたので、地元の税理士様にお願いすることをお勧めさせていただきました。

相続相談事例④

川崎市川崎区在住 T様

Q.父が亡くなってしまいました。家族は母親と、兄弟二人なのですが、相続税は発生するのでしょうか?

A.HPをご覧になっていただいた方からのご質問でした。相続人は母親と、息子の3名だったのですが、相続財産を調査させていただいたところ、基礎控除額を2、300万程度超えてしまっていたので、当社の相続税申告ライトプランをご利用いただき、小規模宅地の特例を使用し、土地の評価額を減額させることで、対応させていただきました。

無料相談受付中 0120-068-775 受付時間:平日9:00〜20:00(土日祝は要予約)JR川崎駅西口徒歩5分! 地元密着 無料相談について詳しくはこちら