平成27年相続税大改正! 川崎周辺の相続税はどうなる?

「相続税は裕福な家庭の話」と思っていると、相続に関するにトラブルに巻き込まれる可能性があります。
平成27年に行われる税制改正では、基礎控除額が約6割近く引き下げられます。これにより、資産が一軒家と僅かな預貯金のみ、という方でも相続税が発生する可能性が高くなります。
一説では従来の税制度と比較した際、約2倍の人が、課税対象者になるといわれています。

川崎周辺に持ち家がある場合は相続税がいくらかかるのか?

相続税を計算する際に用いるのが国税庁が公表している『路線価』です。
自宅が面している道路に付された『路線価』(1㎡あたり)に自宅敷地の面積を乗じて計算します。
相続税額は自宅評価額に現金、預貯金、株式などの金融資産を合算して計算します。
このたび当事務所で川崎周辺にお住まいの方向けに周辺の路線別に相続税がいくらかかるのか計算いたしましたので
ご参考いただけたらと思います。

川崎周辺の主要路線別相続税額

平成27年以降に発生する相続について、法定相続人が子2人(配偶者無し)の場合における相続税額を計算しています。
(表の見方)
● 「自宅評価額」は自宅の敷地を50坪(165㎡)と仮定し、路線価×165㎡で計算しています。
    なお、自宅家屋は考慮しておりません。
● 「金融資産の課税ボーダーライン」を超える金融資産をお持ちの場合に相続税の課税対象者となります。
  なお、自宅評価額が基礎控除額を超える場合は「自宅だけで課税対象」と表記しています。
● 「相続税額」は保有金融資産が3,000万円の場合と、5,000万円の場合の相続税額を記載しています。

南武線

駅 名 基準地 路線価 自宅評価額 金融資産の
課税ボーダーライン
相続税額
金融資産
3,000万円
金融資産
5,000万円
川崎(東口) 川崎渡田向町郵便局 21.5万円 3547.5万円 652.5万円 252万円 552.1万円
川崎(西口) 川崎南河原郵便局 26.5万円 4372.5万円 自宅だけで課税対象 376万円 675.9万円
尻手 尻手駅前郵便局 23万円 3795万円 405万円 289万円 589.3万円
矢向 横浜矢向郵便局 22.5万円 3712.5万円 487.5万円 277万円 576.9万円
鹿島田 川崎古市場郵便局 28.5万円 4702.5万円 自宅だけで課税対象 425万円 725.4万円
平間 川崎上平間郵便局 23万円 3795万円 405万円 289万円 589.3万円
向川原 川崎下沼部郵便局 36万円 5940万円 自宅だけで課税対象 611万円 948万円
武蔵小杉 川崎小杉郵便局 34万円 5610万円 自宅だけで課税対象 782万円 882万円


【生前贈与のご案内】

京浜東北線

駅 名 基準地 路線価 自宅評価額 金融資産の
課税ボーダーライン
相続税額
金融資産
3,000万円
金融資産
5,000万円
川崎 川崎渡田向町郵便局 21.5万円 3547.5万円 652.5万円 126.万円 552.1万円
鶴見 横浜東寺尾郵便局 21.5万円 3547.5万円 652.5万円 126.万円 552.1万円
新子安 横浜入江郵便局 22.5万円 3135万円 1065万円 193.5万円 490.25万円
東神奈川 横浜反町郵便局 28.5万円 3382.5万円 817.5万円 227.3万円 527.3万円

【生前贈与のご案内】

※本ページに記載している相続税額は基準値の路線価を元に、当事務所が算出した相続税額になります。
詳しくお聞きになりたい方は当事務所までお問い合わせ下さい

無料相談受付中 0120-068-775 受付時間:平日9:00〜20:00(土日祝は要予約)JR川崎駅西口徒歩5分! 地元密着 無料相談について詳しくはこちら